想楽舎は、バロック音楽の鍵盤楽器チェンバロを中心とした古楽器によるコンサート・演奏会の企画・運営を行なっています

 バロック音楽の想楽舎HOME 活動履歴 > スカルラッティとイタリア・ロココの作曲家たち〜ラテン・スピリットの美学〜

活動履歴  2007年 3月


名曲発見・オリゴの春7 スカルラッティとイタリア・ロココの作曲家たち 〜ラテン・スピリットの美学〜

バロック音楽のことなら想楽舎


【 日  時 】

  3月20日(火) 19:00開演 (18:30開場)

【 会  場 】

 初台:近江楽堂 (東京オペラシティー3階)
 http://tokyooperacity.co.jp/地図

【 チケット代金 】              全自由席

バロック音楽のことなら想楽舎 バロック音楽のことなら想楽舎
 前売 一般 3,200円
 当日   3,500円

【 出  演 】

 加久間 朋子 詳細はこちら     梶山 希代 詳細はこちら
 菅原 幸枝  詳細はこちら      (以上、チェンバロ)

古楽研究会Origo et Practica チェンバロ・コンサート・シリーズ
バロック音楽のことなら想楽舎
PDFダウンロードはこちら 響きあう多感な魂 1ページ目

 プログラム

バロック音楽のことなら想楽舎 バロック音楽のことなら想楽舎 バロック音楽のことなら想楽舎
  D. スカルラッティ  ソナタ K.1, 27, 77, 120, 132, 133, 248, 478, 479, 555
  B. ガルッピ ソナタ ト短調
  L. ケルビーニ ロンド 変ホ長調
  L. ボッケリーニ 2台のチェンバロのためのクァルテット第1番 変ロ長調   他

 演奏者より

2007年はD.スカルラッティの没後250年にあたります。
シリーズ12回目となる今回のプログラムでは、D.スカルラッティのソナタと同時代のイタリア・ロココの作曲家達を取り上げます。
D.スカルラッティの555有余のチェンバロのためのソナタは、後半生を過ごしたスペイン文化に彩られたものだけでなく、 類型化できない様々な表情を持っています。
また、演奏の機会が少ないイタリア・ロココの作品と併せてお聴きいただくことでスカルラッティの抜きん出た先進性・独自性が浮かび上がるのではないかと思います。
お忙しいこととは存じますが、ご来場の上ご高評いただければ幸いです。




【予約、問合わせ】   
  主催 古楽研究会 TEL.03-3530-6224
バロック音楽のことなら想楽舎
  チケット取扱 想楽舎  TEL.03-3530-7280
      sougakus@rk2.so-net.ne.jp  http://www.sougakusha.com/



  上記パンフレットをご覧頂くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
  右のボタンをクリックしてダウンロード(無料)して下さい。

AcrobatReader(無料)をダウンロードはこちら

お気軽にお問合せください お問い合わせはこちら→




ProducedBy SOHOLAND

バロック音楽 想楽舎