想楽舎は、バロック音楽の鍵盤楽器チェンバロを中心とした古楽器によるコンサート・演奏会の企画・運営を行なっています

 バロック音楽の想楽舎HOME >  活動履歴  > 活動履歴 2009年3月 オリゴ・エト・プラクティカ チェンバロ・コンサート 曲発見・オリゴの春XIV

2009年3月 オリゴ・エト・プラクティカ チェンバロ・コンサート  

チェンバロ 演奏会・音楽会・コンサート・リサイタル |バロック音楽・古楽
チェンバロコンサート オリゴの春XIV<オリゴ・エト・プラクティカ>リサイタル 2009/03/07

オリゴ・エト・プラクティカ チェンバロ・コンサート・シリーズ

曲発見・オリゴの春XIV 
イギリス鍵盤音楽 200年

 コンサート詳細

英国はエリザベス一世の時代に鍵盤音楽における最初の黄金時代を迎え、その後他のヨーロッパ諸国に先駆け産業革命を成し遂げた後は、大陸出身の音楽家を受け入れるなどして、独自の音楽文化を形成してきました。そこでコンサート前半では主に18世紀に活躍した作曲家による、娯楽性・エンターテイメント性に富んだ作品を、そして後半では英国らしさの真骨頂であるヴァージナリスト達の音楽を、英語による朗読と共にたっぷりとお聴きいただきます。=演奏者コメント=
 
出 演
   【チェンバロ演奏】
  加久間朋子 → チェンバロ奏者 加久間朋子 詳細はこちら
  梶山希代 → チェンバロ奏者 梶山希代 詳細はこちら
  菅原幸枝 → チェンバロ奏者 菅原幸枝 詳細はこちら
  三好弘子 → チェンバロ奏者 三好弘子 詳細はこちら
日 程
    2009年3月7日(土) 
    14:30開演 (14:00開場)  
会 場
    近江楽堂(東京オペラシティ3階) 
    → 地図・アクセス
     東京都新宿区西新宿3-20-2

オリゴ・エト・プラクティカ チェンバロ・コンサート・シリーズ 名曲発見・オリゴの春XIV イギリス鍵盤音楽 200年 パンフレットはこちら オリゴ・エト・プラクティカ チェンバロ・コンサート・シリーズ 名曲発見・オリゴの春XIV イギリス鍵盤音楽 200年 パンフレットはこちら
パンフレット PDFダウンロードはこちら  パンフレット PDFダウンロードはこちら 
チケット代金
    100席限定・全自由席) ※要予約
    前売  3,200円   当日  3,500円   
プログラム
  T. タリス(ca.1505-1585)
  「おお、やさしいみどり子よ」

W. バード (ca.1540-1623)
  「我が窓辺より行け」
  私のネヴェル夫人のグラウンド

J. ブル(1562/63-1628)
  ジャーマンズアルマン
  第2旋法によるパヴァーナとガリアルダ

G. ファーナビィ(ca.1563-1640)
  「皆、元気をだせ」による変奏曲

O. ギボンズ (1583-1625)
  4声部の小前奏曲
  ファンタジア
H. パーセル(1659-1695)
  組曲 ト短調

W. クロフト(1678-1724)
  シャコンヌ

R. ジョーンズ (生年不明-1744)
  第3セットより、プレリュード

G. F. ヘンデル (1685-1759)
  プレリュードとアレグロ

Th. A. アーン (1710-78)
  ソナタ第3番 ト長調

J. C. バッハ (1735-1782)
  ソナタ作品5-2 ニ長調 
前売・予約・問合せ
   想楽舎     TEL.03-3530-7280 FAX.03-6806-0633
            E-mail : sougakus@rk2.so-net.ne.jp
            想楽舎サイトからも申し込み可能
   古楽研究会  TEL.03-3530-6224

  【 前売取扱 】 
   東京オペラシティチケットセンター TEL.03-5353-9999
   東京古典楽器センター        TEL.03-3952-5515

  【 主催 】 
   1974年 鍋島元子創設 古楽研究会 ORIGO et PRACTICA


古楽・バロック音楽のことならお気軽にお問合せください お問い合わせはこちら→ 




ProducedBy SOHOLAND

バロック音楽 想楽舎